未成年者喫煙防止活動

未成年者の喫煙防止は、社会で取り組むべき重要な課題です。当協会では、その社会的責任を果たすために、さまざまなかたちで「未成年者喫煙防止」の活動に取り組んでいます。

未成年者喫煙防止強化月間

当協会と全国たばこ販売協同組合連合会は、たばこの販売、及び未成年者が多く集まる施設運営に携わる団体と協力し、2009年度より、毎年7月を『未成年者喫煙防止強化月間』と定め、未成年者の喫煙防止に取り組んでいます。
この、業界の枠組みを越えた『未成年者喫煙防止強化月間』の取り組みを通じて、未成年者喫煙防止に対する更なる意識向上を図っております。

【主催】 一般社団法人日本たばこ協会
全国たばこ販売協同組合連合会
 
【協力】 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会
日本チェーンストア協会
一般社団法人日本スーパーマーケット協会
一般社団法人日本ボランタリーチェーン協会
一般社団法人新日本スーパーマーケット協会
一般社団法人日本カラオケボックス協会連合会
一般社団法人日本複合カフェ協会
公益社団法人日本観光振興協会
オール日本スーパーマーケット協会
一般社団法人日本自動販売機工業会

2015年度の活動

【店頭訴求ツール】

未成年者の喫煙防止に関する意識の醸成及び年齢確認への協力を訴求するため、各団体の店頭において、ポスター等を掲出していただいております。

店頭訴求ツールの印刷を御希望の方は、こちらからダウンロードできます。

【未成年者喫煙防止学校ポスター】

全国の中学校・高等学校へ、同世代からのメッセージを直接訴求したポスターを配付しております。

【未成年者喫煙防止啓発イベント】

全国たばこ販売協同組合連合会が主体となって、全国の主要都市で未成年者喫煙防止啓発イベントを実施致します。イベントでは、街頭での呼びかけ、啓発訴求ポケットティッシュの配布を通じて、未成年者喫煙防止と活動への協力をアピールしてまいります。